予備校は内容で勝負|予備校選びが最も大事です!〜医学部進学への道〜

予備校選びが最も大事です!〜医学部進学への道〜

卒業する生徒たち

予備校は内容で勝負

英語を教える教師

予備校と言えば、その多くは大学進学の際に試験に落ちた生徒が通い勉強するところというイメージが強いです。しかし最近では少子化の影響もあり生徒を獲得しないと経営が成り立たないこともあり、高校生の段階から通えるコースを夜間に設定したりして、浪人生以外にも現役の高校生までも獲得するように動いています。 そのような予備校の中でも人気があるのは、有名な講師がいたり、また自分が進みたい大学専用のコースが設定されていることがあります。人気の講師の授業はわかりやすいという生徒も多く、また人気というだけで生徒が集まってきて集客力に弾みがつきます。また専門のコースは受験する上で傾向と対策がとられた授業内容のために効果的に受講することができて人気になっています。

予備校の受講料も様々ですが、全国的に有名な予備校や有名講師がいるところは受講料が高くなっても生徒が集まってきます。少子化によって、各家庭でも子供一人当たりにかける教育費も高くなっているために、そのような受講料でも生徒は集まってきます。またそれ以外の予備校は逆に受講料を下げたりして対抗しています。また合格実績も予備校の人気の一つの要因になるために実績があるところは生徒が集まります。有名講師がいなくてもテキストの内容や予想問題等の部分で差別化を図っています。予備校もいろいろとありますが、単純に価格競争で競っているというよりも、講師やテキスト等の内容で勝負しているため受講料自体は安いということはないのです。